Sponsored Link

給付金を貰いながら職業訓練を行う

職業訓練受講給付金とは、無料の職業訓練を受けながら、月々10万円のお金を貰い生活支援をしてもらえるというものです。

そんな夢のような施策が、ハローワークを窓口にして行われています。

しかも、雇用保険の受給の資格がなくても収入や資産の少ない人がもらえます。

対象となる方は主婦、フリーター、失業保険がもらえない離職中の社会人等です。

そのようなこともあり、審査条件も「訓練期間中でも経済的に心配がある社会人」ということが前提で盛り込まれています。

不景気の現代で、どうしても就労が難しい方はこの制度を最大限に利用しないと非常にもったいないです。

うまく活用し再就職プランを練るのが大切です。

職業訓練受講給付金の支給対象となる方【確認必須】

以下のすべてに該当する方が対象となります。

雇用保険被保険者ではない、また雇用保険の求職者給付を受給できない方

本人収入が月8万円以下の方

世帯(※1)全体の収入が月25万円以下(年300万円以下)の方

世帯(※1)全体の金融資産が300万円以下の方

現在住んでいるところ以外に土地建物を所有していない方

すべての訓練実施日に出席する方(やむを得ない理由がある場合は8割以上の出席)

訓練期間中から訓練終了後においても、定期的にハローワークに来所し、職業相談を受ける方

同世帯(※1)の方で同時にこの給付金を受給して訓練を受けている方がいない方

既にこの給付金を受給したことがある(※2)場合は、前回の受給から6年以上経過している方(※3)

※1同居または生計を一にする別居の配偶者、子、父母が該当します。
※2緊急人材育成支援事業の「訓練・生活支援給付金」は該当しません。
※3基礎コースに続けて公共職業訓練を受ける場合は6年以内でも対象となることがあります。

 〜申請手続きの流れなどはこちらにまとめてありますので、是非参考にしてみて下さい。

 

 


Sponsored Link